ホーム » よくある質問

よくある質問

非接触体温計CISEの機能や使用方法についてよく寄せられる質問をまとめました。ご購入の前にご一読お願い致します。

測定の環境は?
CISE(シーゼ)は周囲環境の温度に左右されます。必ず15℃~40℃の環境で使用してください。患者様及びCISE(シーゼ)本体を測定場所の温度に15分以上慣らした後にご使用下さい。
誤差は?
CISEは額の温度を腋下温に補正をして値を表示します。測定誤差は±0.2℃程度です。
エラーが表示されるのは何故?
CISE(シーゼ)を測定直前まで、室温が低い場所、もしくは、暖房器具の吹き出し口など熱気が直接当たる場所で保管しており、本体の温度が15℃~40℃の範囲外となっている場合、エラーが表示されます。
次の人を検温する際には、電源が落ちるのを待つ必要はありますか?
電源が切れるのを待たずして、背面のSTARTボタンを押せば連続検温が可能です。連続検温をされる際は、各人の額の状態(汗など)や測 定部位から本体を離し過ぎないことにご注意下さい。
体温が低めに表示されるのですが?
患者様は周囲の温度に馴染んでいるにも関わらず、体温が低めに表示される原因として、以下のケースが考えられます。

  • CISE(シーゼ)を検温直前まで、暖房器具の吹き出し口など熱気が直接当たるところに置いたため、本体の温度が室温より高くなっている。
  • 患者様が測定直前まで、頭部(額・後頭部)への保冷パック・氷枕などのアイシング等体温を下げる処置を実施していた。

汗、髪の毛、ファンデーション、メガネなど障害物が影響した場合、また、皮膚のテカリなどがあると、正しく測定されない場合があります。特に汗を拭いた後などは気化熱の作用 の影響を受ける事があります。環境よる多少の差異や個人差はありますが、腋窩で検温し再現される温度と同等程度の体温が再現されます。

体温が高めに表示されるのですが?
患者様は周囲の温度に馴染んでいるにも関わらず、体温が高めに表示される原因として、以下のケースが考えられます。

  • CISE(シーゼ)を、測定直前まで室温が低い場所に保管しており、本体の温度が室温より低くなっている。
  • 患者様が測定直前まで、直射日光や暖房器具の吹き出し口など熱気が直接当たるところにいた。

汗、髪の毛、ファンデーション、メガネなど障害物が影響した場合、また、皮膚のテカリなどがあると、正しく測定されない場合があります。特に汗を拭いた後などは気化熱の作用 の影響を受ける事があります。環境よる多少の差異や個人差はありますが、腋窩で検温し再現される温度と同等程度の体温が再現されます。

どのように清拭したら良いのですか?
消毒する場合は消毒用アルコールで清拭するか、ブロアをご使用ください。オートクレーブには使用しないでください。また、液体には浸さないでください。